So-net無料ブログ作成

専門書って、買うときはとても高いけど、売ろうとすると二束三文だったりするんだが。 [これはいいかも!]

いろいろと勉強していると、特定の分野の専門書を買うことが多いんだけど、これがとてもお高いんですよね。
2,000円以上する本はざらですし、もっともっと高価な本もあります。
図書館で借りればいいと思うけど、必要な本はだいたい、近所の図書館にはおいてないし、もしあったとしても、勉強するのに十分な期間までは借り続けられないかもしれない。
というか、期限か決まっていると思うと、じっくり読めない。
だから、大枚をはたいて、自分で買っちゃう。

でも、一通りお勉強が済んでしまうと、そういう専門書って、厚いし、重いし、場所を取るので困ったりしてきます。

自宅の中に広い書庫でもあれば、買った本は全部、学んだ記念として残しておきたいんですけどね。
なかなかそれも難しいのが現実。

しかし、近所の本の買取店などに持って行っても、一般の人たちに需要がない本は、そんなに高くは買ってもらえません。
ベストセラーになった本とか、人気の本なら、新しければ新しいほど、高く買ってもらえるようですけどね。

などと、常々考えていたわけではないんだけど、たまたま見た本の買取サイトのトップページに、私のバイブルともいえるような書籍が掲載されていたので、興味を持って見てしまいました。

↓この本。



なんと、買取価格が660円ですって。

買ったときは3,000円ぐらいしたのに?

そうだよなあ。
昔、溜まりすぎたコミックスや小説を古本屋さんに持って行ったら、1冊10円ぐらいにしかならなくて、すごくガッカリしたことがあったことを思い出しました。
それ以来、古本屋に行ったことはありません。自分が好きで買った本なのに、そんなに安い値段がつくのでは、悲しいから。

でも、このサイト、「専門書高価買取」とうたっているので、試しに、他の本買取サイトを調べてみることにしました。

全国的に有名な「ブック〇フ」のサイトを見つけたので、「キャリア開発24の扉」の買取価格を検索してみたら、360円でした。

そうか、件のサイトの方が、少しは高く買ってくれるんだ。

いや、この本は売ったりしないよ、私の心のバイブルだから。

でも、他の本を売ろうと思うことがあるかもしれないから、試しにもうちょっと比べてみよう。

↓この本は、新品で買うと、1,500円ぐらい。



ブック〇フ 400円
件のサイト 580円

少しは高いね。

↓この本も、新品を買うと、1,500円ぐらい。



ブック〇フ 500円
件のサイト 900円

これはだいぶ差がついた感じ。

↓誰かが持ってそうなこういう本は、買うと3,000円ぐらい。



ブック〇フ 300円
件のサイト 610円

これは、倍以上の差が出ましたね。

↓こういう本は、わたしには縁が無いものだけど、買えばなんと9,000円!



ブック〇フ 260円
件のサイト 3,090円

驚愕!
この差は何??

やはり、もし、本を売るようなことがあったら、少しでも高く買ってもらえた方がいいよねえ。
なにせ、一度は自分の手元にあったものなんだから。

いづれ断捨離を決意して、手元にある本を泣く泣く手放すようなことになったときには、このサイトを利用させてもらうことにしよう。

件のサイトというのは、↓こんなサイトです。

本の高額買取専門店【BOOKRIVER】 専門書・医学書・ビジネス書等の買取を主に取り扱っている本買取専門店です。

↓トップページは、こんな感じでした。
bookriver.png

↓こちらをクリックすれば、このサイトに行けます。
専門書売るなら【ブックリバー】

サイトの中を見てみましたら、

■ブックリバーのメリット7点
1.業界驚きの買取率
2.買取価格公開
3.買取金額が1点ごとに分かる
4.スピード対応
5.配送無料
6.コスト削減分で買取価格がアップ
7.減額基準をゆるく設定

だそうです。

もし、お手元に、分厚くて重い、高価な専門書がたくさんあるという方、試しにこのサイトに行って、買取価格を調べてみてはいかがでしょうか?

本の後部にあるISBN番号、CD・DVDのJANコードを入力すれば瞬時に買取価格を調べてくれるそうです。
あー、CDやDVDも査定してくれるんですね。
これは、役に立つかも。

専門書売るなら【ブックリバー】

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。